前へ
次へ

こまめに食べるお菓子は手作りしています

私は学生時代から甘いものが大好きで、40代になった今も定期的にお菓子を購入して食べています。ただ、年齢を重ねるたびに健康や体重の増加が気になるようになってきたので、最近は手作りしたお菓子を食べるようになりました。お菓子を手作りするようになって感じているのは、甘みを調節できるので太りにくくなったことです。市販のスイーツは糖分が多いので、こまめに取り入れていると体重が増えやすいです。その点、自分で手作りしたお菓子なら、作る過程で砂糖の量を調節できるので、甘さを抑えることができます。また、使用するバターの量も自分なりに調節できるので、太りにくいお菓子を味わうことができます。当初、手作りは手間がかかると思っていましたが、最近は簡単に作ることができるレシピがたくさん紹介されているので、手間に感じることはありません。インターネットを活用すれば様々なレシピが手に入るので、趣味の一つとして楽しみながら作っています。大好きなお菓子を我慢することなく味わうためにも、これからも手作りを楽しみたいと思っています。

Page Top